小田原市長の嘘

小田原市長は選挙運動中に
 コロナ対策として小田原市独自の給付金を出す
と発言していましたが
市長当選後の議会からの質問に対し
 政府からの給付金を速やかに市民に渡すことを指す
と答弁し
その後も
 市民をだます意図はなかった
としています

TVの報道番組コメンテーターである弁護士さんも
 このウソは法律で禁止されている事項に当たらない
ということで
例によって 政治家の政策ミスは責められない
みたいな扱いになりそうで
市民が不満ならリコールしかなさそうです

政治家が嘘をつくのは法律違反に当たらない、ということで
安倍総理のお手本を思い出します
 ・福島原発は完全にコントロールされています
 ・昭恵は私人です
 ・東京五輪は完全な形で実施します
 ・佐川氏は適材適所の人事
 ・黒川氏は余人をもって代えがたい
 ・米軍は海外在留日本人を救出します
などなど

安倍総理が嘘をつかなかったのは
 ・トランプ大統領と完全に一致しました
くらいかしらね

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック