総理の五輪出席報道に思う

我が国総理の五輪出席が
アメリカの意向によるもの
と、取り沙汰されているようだ

これが本当だとすると
俺ちゃん的に不思議なのは、
 ・阪神淡路大震災で米国からの対応支援の打診を断った
 ・福島原発事故で米国からの廃炉支援の打診を断った
ということの様なのに
防衛装備品の購入拡大とか
五輪出席といった外交案件については
なぜか断らない

こないだまでは
日航123便・御巣鷹山墜落の際も
米軍から人命救助の申し出があったのに
(先に米軍機が現場に到着していたのに)
断ったのみならず
生存者救出を翌朝以降に遅らせているのも
不思議に思っていたのだが
これは
自衛隊の米国製(もしかしたらボーイング製)装備品が事故原因だった故に
米国政府主導で自衛隊に証拠隠滅を指示し、
米軍からの人命救助活動申し出についても自ら取り下げさせたやも知れず
よって、日本が断ったとは限らないと考え直したところである

まぁ、
五輪と政治は分けて考えるべきものだし
(それが守られてこなかった歴史が残念だけどね)
五輪出席自体は結構なことと言えましょうが
防衛装備品の購入拡大を説明責任を果たさずに進めるのは
止めてもらいたい
防衛省から防衛庁に戻してもらいたいくらいである

この記事へのコメント

砂漠の
2018年01月28日 11:23
阪神大震災の時は村山さんだったよね。前アートで原因はアメリカの飛行機の点検ミスだと言ってたけど。福島の原発で壊れたのはアメリカ製だったとか。後トモダチ作戦で善意で来たはずのアメリカ兵達が後から被爆したと莫大なお金を日本に要求して悪意に変わった瞬間。どうなったの?美談を装って日本を苦しめるアメリカ
ロング→「砂漠の」さま
2018年01月28日 18:50
コメントありがとうございます
>美談を装って日本を苦しめるアメリカ
→まったくですねぇ
 そのアメリカの現トップと”完全に一致”と
公言して憚らない安倍首相にがっかりしています。

この記事へのトラックバック