レトルトカレー#682

レトルトカレー#681」について
画像
大分県椎茸農協の豊後きのこカレーです
(製造者は群馬県のベルサンテ)

 辛さ数値:3 (俺ちゃん感覚: 甘い 1---5 辛い)
 固さ数値:3 (俺ちゃん感覚: 緩い 1---5 固い)

箱表の、上端には
1970年創業 大分県椎茸農業協同組合謹製
四角く囲って
大分の顔
吹き出しの中に
ぷりっぷり
きのこ
まるごと!!
と書いたあります
180グラム、277kcalです。

箱裏には、
日本一の乾しいたけ入りカレー
大分県産の「乾椎茸」は品質、生産量ともに日本一を誇り、「豊後の国おおいた」を代表する特産
品として、その名は海外まで広く知れ渡っております。本品は椎茸専門農協である当組合が厳
選した肉厚の「若芽どんこ」をまるごとじっくりと煮込んだオリジナルカレーです。
自然素材の旨みを最大限に引き出すために乾椎茸をじっくりと戻し、肉や野菜と一緒に時間を
かけてコトコトと煮込み、手間暇かけて仕上げました。ご家庭で温めるだけで美味しく召し上
がれます。お子様からお年寄りまで、馴染みのある椎茸とカレーの調和を是非ご賞味ください。
乾物素材への”こだわり”     .
自然の素材は乾燥させてからじっくりともどすこと
によって、芳醇な旨味が増大します。
●気候風土に適した大分県産の味の良い「乾椎茸」を
 限定使用しています。
と書いたあります

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レトルトカレー#683

    Excerpt: 「レトルトカレー#682」について Weblog: Jazzと古典落語の日々 racked: 2016-10-21 20:47
  • 「レトルトカレー#682」について

    Excerpt: 「レトルトカレー#682」について #682と全く同じ製品(=きのこカレー)で 箱なしバージョンがありました。 Weblog: Jazzと古典落語の日々 racked: 2017-03-21 23:17