領海侵犯 v.s. 領空侵犯

領海侵犯と領空侵犯に対する対応の違いを
感じますね

そんなことを感じたきっかけは
産経ニュースより
軍艦侵入で中国が勝手に国際法解釈 「国際海峡を航行」 中谷防衛相「中国側の独自の主張は受け入れられない」
ということで
中国海軍艦艇が日本の領海を通行している問題

非軍艦が国際海峡を通過する程度は
以前から容認できる事態のようですけども。

英国女王の「中国は非礼」を思い出しますねぇ

領空侵犯に対しては 自衛隊機がスクランブル発進
という対応を取る訳ですが、
これは
自衛隊以外に、高速で移動する侵犯機に近づいて
警告なり、緊急の対応を取ることのできる国内組織がないから、
自衛隊に動いてもらうしかないんですね

領海侵犯に対しては、一分・一秒を争う問題にならないだろう、との比較から
まずはおだやかに、警察なり海保が対応するのでしょう

俺ちゃん的には
米国さんは日本から思いやり予算はもらってるし
ヘリが落ちたり女性を殺したり迷惑をかけているので
お詫びの気持ちを行動で示す必要もあるでしょうから
中国のニホンに対する非礼な行動に
率先して出しゃばってくれてもいいのに・・・

思ってしまいます

米国さん、中国を甘やかすと、後で後悔する事態になるかもよ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック