この一曲が聴けるアルバム #293

この一曲が聴けるアルバム #292」について
#293 は We'll Be Together Again です

俺ちゃん的にはメロディーを覚えられない曲の上位に来る曲ですな
なんだかんだで、8枚ものアルバムで聴いてるようなんですが
Jazzアルバムで知らなかった曲のテーマ・メロディーを身につけよう
などというのは
筋違いな話なのかも知れませんねぇ(笑)
下記では表外のヴォーカル盤が結構頼りになったかも

 録音アルバム このセルをクリックしてGo!記事で取り上げた"この一曲"
#249 1956.4「JUTTA HIPP AT THE HICKORY HOUSE VOL.2」  AFTER HOURS
#351 1960「THE CONTEMPORARY JAZZ CLASSICS/PAUL MOER TRIO」  CUTIE
#682 1963「NIGHTS OF BALLADS & BLUES」 McCOY TYNER DAYS OF WINE AND ROSES
#772 2003.2「It Don't Mean A Thing」  LEWIS NASH CLOSE YOUR EYES
#861 1954.11「STAN GETZ AT THE SHRINE」  POLKA DOTS AND MOONBEAMS


以上の他に「We'll Be Together Again」を聴いたアルバムは
 エディ・ヒギンズさんで Dear old stockholm
 サミー・ディヴィスJr.さんで Sammy Davis, Jr. Sings, Laurindo Almeida Plays
 アニタ・オディさんで Anita Sings The Most
がございます

ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.2
EMIミュージック・ジャパン
2007-10-24
ユタ・ヒップ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップ Vol.2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

tazzy
2013年03月14日 23:18
この曲って、テーマいじりすぎが多いですよね・・・
その辺が覚えられない理由では。。。σ(^^)
ロング
2013年03月15日 19:59
tazzyさま、コメントありがとうございます
結構いじってくれてると思ったユタ・ヒップ盤を貼ってみました
マッコイさんも頼りになるおっさんだと思います

この記事へのトラックバック