福島原発

俺ちゃんの良く回らないアタマでは分からない
原発事故の3週間後に書いた記事から、再び3週間が経過したけれど
明らかになったのは6~9カ月で冷温停止に持っていくという発表が
なんだか懐疑的に見られているようだ、という、相変わらず情けない状況・・・


崩壊熱を取るのに 注水 を継続しているので 放射能汚染水 が増えている
のだそうである

注水した水は、崩壊熱を取って蒸発するのでは?
ですから
注水を続けても たまり水 は増えない筈では?

おそらく
水面から出ている核燃料に水を掛け続けているので
たまり水が増えてしまうのであろう

そう考えると恐ろしい予測である
いったい誰がどうやって壊れてる核燃料をどこに片付けるのか・・・



東電さんや政府関係者は、今頃になって
 「15m級の防潮堤作っといた方が安かったな」
位は感じている事でしょう
岩手県普代村の故和村幸得村長に負けましたね
※過去に指摘やら申し入れやら受けているのに
 握りつぶした事へのコメントは出ないのかな


東電さんや政府関係者は、今頃になって
 「直後の米の支援申し入れを受けた方が楽だったな」
位は感じている事でしょう
米側の支援申し入れは、原子炉の廃炉を前提にしたものだったため、日本政府や東京電力は冷却機能の回復は可能で、「米側の提案は時期尚早」などとして、提案を受け入れなかったとみられる
※『想定外』とか『未曾有の津波』という説明と
この『回復させてまた使うんだもんね』的判断と
矛盾しちょるんじゃないかいな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • NF(Nuclear-plant Fiction)

    Excerpt: 大震災から約7週間、 前々記事の「天罰・考」からで4週間、 前記事の「福島原発」からも1週間が経っちゃいました Weblog: Jazzと古典落語の日々 racked: 2011-05-02 00:04