今日のアルバムとこの一曲(#746) with Amazon

気が向いたときに、手持ちのアルバムとその中の一曲を書いていくつもり。

「LAST DATE」 ERIC DOLPHY
この一曲:YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS

前回まで3連続で、ソニー・クラークさんを取り上げましたが
この方30歳代で亡くなっている
同じく早世したジャズメンで連想するのがエリック・ドルフィーさんという
嫌な連想ネタで申し訳ない
尤も、死因で連想するならチャーリー・パーカーさんがいるし
スコット・ラファロさんもそうかな
早世ということならブッカー・リトルさんやエディー・コスタさんもいる
マイナーな楽器だがサージ・チャロフさんも書いておきたい
交通事故ならクリフォード・ブラウンさんにリッチー・パウエルさん
射殺ならリー・モーガンさんだし、
ロシアン・ルーレットという猛者(レム・ウィンチェスターさん)もいたという
川に浮かんで日本人でもないのに
土左衛門と名の付いた人(アルバート・アイラーさん)もいる
ジャズ本によると、ソニー・クリスさんの死因は謎らしい
そういう意味では
言い換えると急死という意味では
ドルフィーさんの次に連想するのはソニー・クリスさんがよかろう
先々の活動スケジュールが決まっていて
演奏活動の油の乗っているさなかでの死という意味でござんす
残念ですね
大往生で亡くなられても残念には違いなかろうが

さて、次のセリフは死と切り離して聴かなくてはいけない
アルバム名にラストとあるので、おのずと関連付けてしまうし
そもそもこのアルバムに収録した意図からは、関連を許しているのだろうが・・・
「When you hear music, after it's over, it's gone in the air. You can never capture it again.」
(音楽を聴き、終った後、それは空中に消えてしまい、二度と捕まえることはできない)

Last Date
Westwind
1991-07-01
Eric Dolphy

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック