日本酒も奥が深いね(#219) with 楽天

画像
山形県の和田来・亀の尾です

原料米 亀の尾
精米歩合 50%
アルコール分 15~16度
日本酒度 +1
酸度 1.5
アミノ酸度 1.2

杜氏さん 渡會俊仁・専務さんですって

近年良く見る酒造好適米・亀の尾を使った純米大吟醸です
裏ラベルに
農業への感謝と大地への祈りとともに、磨き上げられた
精米歩合50%の「亀の尾」の蒸米に蔵人達の魂が込め
られる。酒になるまでの約一ヶ月間の醪との対峙。空気
も張り詰める蔵内には、蔵人の気質と感性そして心意気
が伝わってくる。そして伝統は文化となり、情熱の一滴
が生み出される。その一滴が神の許しを得て清浄な空気
と交わる時、「情熱」は「感動」へと変わっていき、一滴
の向こうには山形の自然や風土、そして大らかな自然と
大地が見える。「田」んぼからとれたお米を原料に、醸し
出した純米大吟醸酒とともに、「和」みがやって「来」る。
と書いたあります
和田来という名前の説明は 田・和・来 の順になるんですね
次へ
↓同じのが見つからないので生原酒の一升ビンを


◎透明感のあるフレッシュなウマさ!和田来 純米吟醸生原酒 1.8L
厳撰美酒 阿部酒店
香り爽やかにして華やか。若々しくフレッシュなウマさが何とも爽快!H20BYの和田来は更にウマさを増し



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック