日本酒も奥が深いね(#188) with 楽天

画像
新潟県の越州、祿乃・純米大吟醸です

原料米 千秋楽
精米歩合 40%
アルコール分 14~15度

越州さんも久保田さんと同様、
グレードでビンが変わります
(久保田さんの場合、
 百寿=茶艶→千寿=茶艶消し→紅寿=緑艶→碧寿=緑艶消し→万寿=茶化粧細工
 もう一種、生の翠寿=透明艶消しもありました)
これは越州の最高グレードらしく久保田で言えば万寿のように
ビンの表面に模様のような化粧細工が施されています
(単なるつや消しよりも高級感が伝わってきますね)

米にこだわったお酒、というタイトルで
工場長さんのメッセージが付いています
その中から一部抜粋、
「千秋楽」の特徴
・晩生品種のため登熟期に夜間温度が低下することで低蛋白となる
・味の深みや幅に関与する澱粉の一種のアミロース値が高い
・大粒米である
この点に着眼し、酒造りをすすめて参りました。
とのことです

お米が千秋楽ということですから、
久保田の低アルコール版とも言えましょう
ターゲットは女性か?
それとも俺ちゃんみたいに、お酒が好きだけど弱い人種か?
あるいは、お正月みたいに日がな一日、飲み続ける用か?
次へ
↓すいません、一升ビンでプレミアム価格ですね

【朝日酒造】 禄乃越州 純米大吟醸 1800ml
ワイン紀行
トップ>日本酒>新潟の地酒>朝日酒造 □コメント「禄乃越州」は、「あくまで淡麗にこだわりながらも、千



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ■北の誉 純米大吟醸 鰊御殿(720ml)

    Excerpt: 明治初期北海道の日本海で大量に鰊(にしん)が獲れ、巨万の富を得た網元が贅を尽くして建造されたのが鰊御殿です。そこで酌み交わされたお酒も選りすぐられた絶品でした。そのお酒を再現し現代風に美味しくしたの.. Weblog: のもうぜ!,日本酒も奥が深いね(# racked: 2008-01-12 09:04
  • 日本酒も奥が深いね(#204)

    Excerpt: 越州の桜日和です Weblog: Jazzと古典落語の日々 racked: 2008-04-01 22:33