今日のアルバムとこの一曲(#500) with Amazon

気が向いたときに、聴いてみたいアルバムについても書いていくつもり

「キリフィ」 奥平真吾
この一曲:二人でお茶を

今日のアルバムシリーズ、ついに#500!!!
#1から#400は、ほぼCDラックにコレクションしているアルバムから取り上げ、
#401から#499は、現在はコレクションしていないけども
かつて聴いて印象に残っているアルバムから取り上げてきました
そこで#500なんですが・・・

 買おうと思ったけど買うどころか聴いたこともないアルバム

にしました(笑)

俺ちゃんのフェイヴァリット楽器であるドラマーさんのリーダー作
Amazonさんにも売り切れと書いたあります
頼りになるUNIONさんの中古「日本人コーナー」にも見当たらず
こういうアルバムが
長生きしようという原動力になりますな
いつか見つけて聴いてやる、みたいな
次へ

キリフィ
キングレコード
1995-09-21
奥平真吾

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

KEITA
2007年09月30日 21:40
はじめまして。
ジャズの事を教えてくれそうなブログを
探していて、ここに着ました。
ジャズなんて生まれてこのかた
一度もちゃんと聞いた事無いんですが、
何故だか最近になって
聞いてみたいと思う今日この頃なのです。
そこで相談なんですが、
初めて買うジャズのCDは何が良いですか?
有名なマイルスなんとかって言う
トランペットの強い感じのは苦手で、
静かで、メロディアスな感じが好きです。
厚かましいお願いで、恐縮ですが
ジャズファンを一人増やすと思って
宜しくお願いします。
2007年09月30日 22:05
KEITAさま、いらっしゃいませ
お好きずきがありますし、CD1枚1曲目から最終曲まで全部好きってーのも難しいですからね
とあるジャズ喫茶のオヤジさんの本に「生涯の愛聴盤に最適」と紹介された、ビル・エヴァンスさんのピアノトリオで「WALTZ FOR DEBBY」をお勧めしておきます(URL)
マイルスさんならCBSレーベルより以前の、プレスティッジのing四部作あたりを勧めます
ギターのパット・メセニーさんも初めて聴くには良いと思いますけど、アルバムによって方向性が幅広いので注意が必要
とりあえずこんなところで。またコメント書いてくださいね♪
よろしくお願いします
KEITA
2007年09月30日 23:33
早速の回答、有難うございます。
まずは、ビル。エヴァンスさんから
聞いてみたいと思います。
ジャケットの雰囲気では、
『GREEN DOLPHIN STREET』が好みです。
『WALTZ FOR DEBBY』と共に
探してみますので、
感想は、またいつかコメントします。
ロング
2007年10月02日 21:27
『GREEN DOLPHIN STREET』たしかにいい感じ♪
ちなみに基本的にモノラル録音の盤ですよ

『WALTZ FOR DEBBY』はライブ盤です
ジャズに「ライブに駄盤なし」という意見もあるようです
2007年10月04日 12:53
『WALTZ FOR DEBBY』買いました。
格好良かったです。
実は自分、ブログを持ってまして、
良かったら見てください。
紹介させていただきました。
トラックバックの使い方が
解らないので、
その辺はご了承ください。
ロング
2007年10月04日 20:56
雰囲気のあるトップページですね
写真も存在感を感じました、お邪魔させて頂きますよ

この記事へのトラックバック