今日のアルバムとこの一曲(#490) with Amazon

気が向いたときに、かつて聴いたアルバムについて書いていくつもり

「パープル・レイン」 BOB BELDEN
この一曲:

前回に続き、ボブ・ベルデンさんプロデュースのアルバム
やはり東芝EMIのブルーノート・クラブの情報誌で事前に知っており
「紫の衝撃」というキャッチ・コピーが気になり
ホリー・コールさんの「コーリング・ユー」が気になって
レンタルで「バグダット・カフェ」を見たりしていたので
ホリー・コールさんの参加も、ちょっと気にしてみたり、
で、今回も中古で安く出ていたから聴いてみた
前回のも今回のも
安く手に入れたので、処分するときも安かったんでしょうね
もう忘れてます
ジャズなんだか
ポップスなんだか
ジャンル/スタイルがはっきりしないのは
そのこと自体が落ち着かない感じがします
「デジタル録音は音が好いぞ」って喜んでるのも落ち着いた頃だったし
相変わらずボーカルは得意じゃないし
SJ誌のおリボンも信用しなくなってたし
そう考えていくと
よく、ブルーノート・クラブも、続けてますよね
これはひとえにラズウェルさんのマンガのおかげ!
次へ

When the Doves Cry: The Music of Prince
Blue Note
1994-10-18
Bob Belden

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック