今日のアルバムとこの一曲(#483) with Amazon

気が向いたときに、かつて聴いたアルバムについて書いていくつもり

「ミスティ・ドーン」 Niels Lan Doky
この一曲:

何年の録音か知りたいのですが
書いてないのか、見つけられないのか
いずれにしても
従来のジャズアルバムのライナー・ノーツが入ってなくって
ロック/ポップス系のジャケットになってるCDなんですな
前回#482の”トリオ・モンマルトル”のピアニストさんなんですが、ここでは
 ベースがNHOPさん (正確には、Oは上に点々がついてる奴です)
 ドラムがARさんなので、
よりジャジーなアルバムに見えます
蛇足ですけど、
NHOPはニールス・ヘニング・エルステッド・ペデルセンさん
ARはアレックス・リールさんです
あれれ、主人公のピアニストさん、カタカナでは
ニルス・ラン・ドキーさんって書いてありますけど
ベーシストさんとファースト・ネームのスペルが同じですね
実はニルス・ヘニング・エルステッド・ペデルセンさんと言うのが
正しいのでしょうか
それとも、ヨーロッパでも方言があるんでしょうかね
次へ

ミスティ・ドーン
エピックレコードジャパン
1995-03-24
ニルス・ラン・ドーキー

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック