今日のアルバムとこの一曲(#452) with Amazon

気が向いたときに、かつて聴いたアルバムについて書いていくつもり

「Flying Home」 Stanley Jordan
この一曲:Stairway To Heaven

お得意の曲↑なのでしょうか
#55で取り上げたアルバムの1曲目もこれでしたね

カシオペアさん→スクェアさん→ と来ましたから、次はやはり
国産FUSIONバンド・シリーズでMALTAさんとかシャカタクさんとかに行くんですが
ちょっと洋物も挟んでおくのでございます

何故、ジャズとFUSION/クロスオーバーなどを分けるのか
スタイルの分類にどんな意味があるのか
どうしても、少しは考えてしまいます
考えると眠くなるので、寝ちゃうんですが
寝つきがイイのは俺ちゃんのバヤイやっぱりジャズですか
FUSION系って
ある種、スタジオ・ミュージシャンらしく「正確なテンポ」であったり
「あらかじめ準備したお約束」を聴かせどころにしていたり
エフェクターで造った「音の魅力」で勝負に出たり
そーいったあたりが前面に出てきているように感じるので
俺ちゃん素人のくせに
 『そこはタメが欲しいネェ』とか
 『オカズがはっきりし過ぎでしょ』とか
不遜なことを考えちゃうので
寝そびれたりします
 『俺ちゃんならこう叩く(ドラム)』とかね
 『こんなロックライブみたいなカデンツァ要らない』とかね
ということで身に付けた教訓としては
偉そうに聴いてると寝不足するから気をつける
次へ

Flying Home
EMI
1990-10-25
Stanley Jordan

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック