今日のアルバムとこの一曲(#409, #410) with Amazon

気が向いたときに、かつて聴いたアルバムについて書いていくつもり。

「JASS AT OHIO UNION」 GEORGE LEWIS
この一曲:聖者の行進

ジャズの歴史のお勉強感覚で聴いてみたということに
しておきましょう
歴史と言っても1954年録音のようですから
めちゃくちゃ古い訳ではない
しかし楽器がクラリネットのせいか
聖者の行進みたいな曲が入っているからか
何となく40年代のアルバムに思えちゃう
ローレンス・マリロさんという方がバンジョーを演奏しているのも
ディキシー時代の編成みたいに聴こえますが
有名な裏話があるようで
 この曲のバンジョーソロの録音レベルが間違っている
というもの
単に録音レベルが高すぎて、伴奏のはずがソロに聞こえる?
違うか
次へ

↓Amazonさん、JASSをジャズと読んでますな
ジャズ・アット・オハイオ・ユニオン
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2000-03-16
ジョージ・ルイス

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック