俺ちゃん国語辞典(第3版) く~た

俺ちゃん国語辞典(第2版) あ行~か行」について
俺ちゃん国語辞典(第2版) さ行~た行」について
俺ちゃん国語辞典(第2版) な行~は行」について
俺ちゃん国語辞典(第2版) ま行~や行」について
俺ちゃん国語辞典(第2版) ら行~ん」について

「あ」「い」「う」「え」「お」
「か」「き」「く」「け」「こ」
「さ」「し」「す」「せ」「そ」
「た」「ち」「つ」「て」「と」
「な」「に」「ぬ」「ね」「の」
「は」「ひ」「ふ」「へ」「ほ」
「ま」「み」「む」「め」「も」
「や」「ゆ」「よ」
「ら」「り」「る」「れ」「ろ」
「わ」「ゐ」「ゑ」「を」
「ん」



「く」で始まることば


【くいつき】
 寄席で、休憩時間である「仲入り」のすぐ後の出番を指す
 お客さんが休憩時間中に買った食べ物に食いついている

【クイズ】
 例えばこんなの
 (コメント欄に答えが書かれています、スクロール注意)
 上記の間違い探しクイズに第2弾が出ました(難易度Up)
 上記の間違い探しクイズに2006年お年玉版が出ました
 上記のクイズは間違い探し以外のクイズもあるシリーズ物になっています、
 ここで全部チェックしちゃいましょう

【クインテット】
 五重奏団、ジャズではリズム隊のトリオ+2ホーンの編成が多い

【くぅーちゃん】
 事前にきちんと計画する、お利口さんなチワワ
 家出して帰ってきたら子沢山になってたチワワ

【熊】
 1)熊さん(熊五郎が本名らしい)
 2)熊の皮の煙草入れ(清蔵さんの自慢の品)
 3)熊の胆を捕ってひっそりと暮らしています
 4)熊の毛皮をさすっていたら思い出して・・・

【くま】
 ・出没注意!
 ・ね、うし、とら、う、たつ、み、くま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い
 ・徹夜したりすると目の周りに現れる
 ・プー

【栗と栗鼠リス
 男の子が好む駄洒落のようなもの、女の子が言ってるのは聞いた事がない
 上記の様に漢字レベルで駄洒落になっている事はあまり知られていない

【玄人くろうと
 物事に対し、その道に熟達した人を指す
 これが「玄人の独り言」になると数々の失態を演じる羽目に(漫画)
 近年秋葉原などパソコンショップで見るようになった文字(玄人志向)

【黒子】
 ・歌舞伎での後見役や、人形使いなどが着る黒装束、またその人
 ・欽ちゃんのTV番組で灰色装束も登場し、グレ子と言った
 ・ホクロとも読める

【黒ひげ危機一発】 written by http://turedureweblog.at.webry.info/
 黒ひげの場合は、「危機一髪」では誤字となってしまうようですね。
 「機器一発」でもないです。
 ※【間一髪】関連でご投稿いただきました

【慈姑くわいの金団きんとん
 落語「百川」に登場
 『ひとつここは飲み込んでいただいて・・・』という話の流れになり
 百兵衛さんが目を白黒させて飲み込む

【君子危うきに近寄らず】
 人格者は、危険な所には初めから近付かない
 応用: WebryBlog機能追加時にトラブルを見つけたら、人格者なら
    しばらくはログインを控えるという教え


「け」で始まることば


【傾城・傾国】
 美人を誉めることば
 為政者が女色に溺れて、城や国を顧みなくなり滅ぼすほど、の意
 転じて遊女
 落語「五人廻(回)し」より
   傾城・傾国に罪なし、通い給う客人まろうどにこそ罪あり

【芸は身を助ける】
 一つの技芸に優れていると、困窮してもそれが生計の頼りになる
 というありがたいお話かと思ったら、
 「芸が身を助けるほどの不仕合わせ」という言葉もあったりして

【毛が三本足りない】
 1)猿のこと
 2)思考が猿並みの人間という意味で、愚鈍・幼稚な者
 2の類似語)お頭つむの螺子ねじが1本抜けている
 2の最終型)豆腐の角に頭ぶつけて死んじゃえ
 毛が三本しかない--->オバケのQ太郎

【下戸】
 お酒が飲めない人
 落語では「不調法」の方をよく聞く気がする、が、だいたい
 落語の登場人物って飲める人ばっかし

【下剋上】
 Jazzと古典落語の日々が『ブログ ランキング』に登場すること

【袈裟】
 僧侶の法衣ということでよろしいでしょうか
 落語「錦の袈裟」ではこれを褌としてしまうのですが
 なにぶん落語のことですので堪忍してください
 袈裟に付いている丸い輪の使い方がですね、その、トイレで・・・

【ケーナ】
 ミュージシャンじゃなく俳優に人気のある楽器
 インカ帝国の笛か

【犬猿の仲】
 いがみ合う間柄、性分が合わない仲
 外国の同様のことわざでは犬と猫らしい
 いずれにしても、現実には仲良しの犬と猿や犬と猫が見られる
 最近は天敵の間柄、蛇とハムスターが親友関係になったらしい
 それにしてもこのハムスターの名前が「ごはん」ちゃんって・・・

【験がいい】
 以前に良い結果が出たのと同じ状況に会うこと/すること
  野球での使用例:札幌は験がいい
  相撲での使用例:塩を沢山撒くと験がいい
  家庭での使用例:茶柱が立っていると験がいい
  笑点での使用例:山田くん恵子ちゃんの話で機嫌がいい

【健康】
 普段はその大切さになかなか気付かないが、
 ひとたび健康を害したときに、しみじみと大切さが身にしみる
 このような凄い言葉があったりします
 『健康のためなら死んでもいい』
 別に健康一番地さんのダーさんのセリフではありゃせんぞね

【源平盛衰記】
 踊る平家は久しからず

【健忘症】
 脳の機能をコントロールする複数領域のネットワークが破壊されると
 その破壊部位により失語症、失行症、失認症、健忘症が起きる
 このうち健忘症は物忘れが激しくなる障害
 実態として、健常者がなんらかの言い訳に利用する病名


「こ」で始まることば


【厚顔こうがん
 ・面の皮が厚いということで、厚かましいこと
 ・厚顔無恥:恥知らずで、図々しいこと
 ・厚顔の美少年:紅顔の美少年の書き間違い、又はウケ狙い
  高校の頃、「睾丸の美少年」「性器の二枚目」などと言って
  喜んでる奴がいた、そいつの友人が俺ちゃんなんだよな・・・

【コケティッシュ】
 なまめかしい、あだっぽいの意味で女性の粋な美しさや魅力を表すことば
 写真誌で見かける単語
 プチと同様、もとはフランス語、スペルはcoquettish
 ちなみにプチのスペルはpetit
 あ~、我慢できないから書いちゃう
 「コケティッシュな娘がコケちゃってるよ」

【古今亭】
 円菊・・・志ん輔、志ん橋・・・あまり知らないんだなぁ

【小春日和こはるびより
 クイズ御用達の四字熟語
 冬の初めの暖かい穏やかな気候を指し、春を指す言葉ではない

【牛蒡抜き】
 畑の牛蒡を土中から抜くように、一気に抜き取るさまを言うが、
 特に、競走で数人を一気に抜き去る形容に珍重される表現
 最近も駅伝のニュースに登場した
 実際に畑の牛蒡を抜いたことの無い人も平気で使っている言葉
 細いとはいえ、そう簡単に抜けるものじゃないらしいですよ

【小股取っても勝つが本】 written by http://tazzy.at.webry.info/ http://blog.goo.ne.jp/kiki777_2006/
 多少、卑怯な手を使っても勝ちゃ~い~って事
 去年の小泉政権・・・
   ※勝てば官軍ですか

【小股の切れ上がったいい女】
 ・女性の、すらりとして粋なさま
  股はももとももとの間の空間、足の長さを指し示す言葉であり、
  小股のコは「小首を傾げる」のコと同様「ちょっと~する」の意で
  ここでは「ちょっと切れ上がった」のだから足が長くて尻の位置が
  高いすらりとした女性を表しています
 ・女性の中には単に股という単語に「ヤダ~」という反応を示す方も
  いらっしゃるようで、褒め言葉と理解されない場合があります

【コマンタレブー】
 お元気ですか?
 ご機嫌いかが?
 これもフランス語らしい

【コルネット】
 →【トランペット】参照

【コレステロール】
 これと中性脂肪値が高いので医者どんから「食事と運動」と言われる
 早い話が酒を控えて万歩計回せってことらしい
 "日本酒も奥が深いね"シリーズもペースを落としました・・・

【コロッケ】
 1)お肉屋さんのお惣菜
 2)ものまね芸人

【権兵衛・権助】
 「権兵衛狸」や「権助提灯」でお馴染み
 権の字は同じだが、この二人の設定は柳昇さんと談志さんほど異なる

【コンボ】
 ジャズ:少人数(2~5人程度)の編成
 パソコン:複数メディア対応のドライブ
 ゲーム:でも使われることばらしい(ググったらそれっぽいのが出てきた)
 ハンバーガー屋:「セット」に相当するもの  written by http://nakatan.at.webry.info/



「さ」で始まることば


【さ】 written by http://ryouruour.at.webry.info/
 さ? さあね?
 ※「さ」一文字ですか、想定外でした、新鮮ですね

【盃さかずき
 お殿様クラスになると、さかずきを交わすのに日本国内
 何十里、何百里という距離をものともせず・・・

【さかな】
 ・魚類
 ・酒のつまみ、上方では「あて」というみたい
 ・TV見てると「さかなくん」という人が出てきたりする
 ・スーパーの魚コーナー「さかなさかなさかな~」というBGM流れる
  昔「小指の思い出」という歌謡曲で「あなたがたが噛んだ」という
  ギャグがあった、「さかなさかなさかなかな~魚じゃないかな~」

【魚か!】  written by http://nakatan.at.webry.info/
 この後半分くらいの確率で九分咲き、あとは八分咲きだったり満開だったり。
   ※う~む、何のことか全くわからん(泣)

【魁さきがけ
 ・かつて政党名で知られるようになった難しい漢字
 ・何だか「花魁おいらん」の右側と同じ字みたいだなぁ
 written by http://nakatan.at.webry.info/
 ・とある塾を思い出してしまうのは私だけではないと思いますが…

【先立つもの】
 お金

【さくら】
 ・花見と言えば桜
 ・客のふりをして購買意欲をそそる役割の、売り手側の仲間
 ・映画フーテンの寅さんの妹
   森川信さんがおいちゃん役で「まくら、さくら取ってくれ」
 ・ヒットを狙う歌謡曲の題や歌詞に使われることある

【酒】
 んじゃ遠慮なく頂きます

【さげ】
 落語で、最後に人を笑わせて結びとする部分、オチ
 従来「地口落ち」「考え落ち」「しぐさ落ち」「トントン落ち」といった
 何ら基準の無いオチの分類が多数なされていたが、桂枝雀師匠は、
 サゲ直前の安定/不安定状態とサゲ後の安定/不安定状態の組み合わせから、
    安定→ 安定・・・合わせ
   不安定→ 安定・・・謎解き
    安定→不安定・・・ドンデン
   不安定→不安定・・・へん

 の4つに分類した。考え方が大変素晴らしい、分類名が既にウケ狙いを含む

【サザエさん記念館】
 →【長谷川町子美術館】

【佐々木政談】
 子供が大人を口でやっつけるという出世噺
 こんな痛快な子供も大人になれば談合だの大量破壊兵器があるだの・・

【サックス】
 サキソフォンの略称、発明者の名前
 人間の声にもっとも近いと言われる、ジャズ御用達の楽器
 構造は木管楽器と同じながら、金属製なので金管楽器っぽく見える

【左党さとう】 written by http://tazzy.at.webry.info/ http://blog.goo.ne.jp/kiki777_2006/
 飲んべえのこと
 右手が金槌をもつ「槌手」(つちて)
 左がノミをもつ「鑿手」(のみて) から「飲み手」に変じたらしい・・・
 反語は・・・この場合は甘党かな~
   ※同じ意味で【左利きひだりきき】とも言いますよね♪

【鮫肌】  written by http://tazzy.at.webry.info/ http://blog.goo.ne.jp/kiki777_2006/
 背中が痒いときこすり付けると気持ち良い~~~ところ・・・
 むだ毛の剃り残しでの応用も可・・・
 ¥@∽≠★をⅡκ&¶すると⇔≦☆$で(@_@)・・・
   ※【餅肌】を探しに行っても、こんな面白い事は書いてないよ

【山号寺号】
 成田山新勝寺、比叡山延暦寺、おとう山いまなん寺

【三方一両損】
 大岡政談でお馴染み、財布の中が3両で良かったねーという噺

【サンマ】
 [1]
 秋刀魚は、体が刀状で秋の代表的な魚であることから付けられた当て字
 落語「目黒の秋刀魚」により、秋刀魚は目黒産をもって最高とする
 [2]   written by http://turedureweblog.at.webry.info/
 3人で打つ麻雀。4人打ち麻雀はヨンマという。(ヨンコママンガの略ではない)
   ※特に関西で人気が高い麻雀のルールですね

【三遊亭】
 円楽、小遊三、好楽、楽太郎、へーTV笑点って三遊亭の名が多い
 円歌、歌る多、とん楽(千葉県)、鳳楽、円窓、笑点以外でも多い


「し」で始まることば


【四股名】
 力士の呼び名
 落語では「龍田川」「花筏」などが有名
 ウェブリシールにも力士がいるので、四股名を付けてあげましょう

【舌鼓を打つ】
 美味いものを食べているさま
 「したつづみ」が正しいようだが「したづつみ」も通用している

【尻尾を振る】
 犬は餌を呉れた人に対して尾を振ることから、媚び諂へつらって相手に取り入ること
 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークって尻尾ないよなぁ
 外国にポーカーをする犬のジョークがある、負けてばかりですって
 (良いカードが来るとつい尻尾を振っちゃうのでバレるから)

【CDシーディー
 ・「れ」のテキストに「レコード」を投稿して頂いたので、バランス上、追記
  コンパクトディスクの略
 ・キャッシュディスペンサーの略
 ・チェックディジットの略
 ・広島(Carp)と中日(Dragons)、一寸苦しかったですね

【四面楚歌】
 ここまで徹底的に"周りじゅう敵だらけ"の状況はなかなかないでしょう
 例えば疑惑の判定と言っても、正当だと言うご意見の方がいらっしゃる訳で!
 written by http://whitelily0721.at.webry.info/
 猪木さんがすっきりさせてくれそうですね!
 ※週刊誌の中吊り広告で「だめか・・・かめだ」ってのがありました

【尺八】
 竹製の縦笛。時代劇では虚無僧のグッズ
 ハーモニカ、フルートと並び、風俗用語になりさがってる気の毒な楽器

【シャ乱Q】
 バイバイありがと~さよ おなら~
 昔、沢田研二さんの「hold me tight」が「あほみたい~」って聴こえました
 チェッカーズの藤井フミヤさんは吉川晃司さんの「thanks thanks モニカ」を
 「sex sex もう二回」ですって
 さて、シャ乱Qリーダーつんくさんの母親は上沼恵美子さん
 ・・・ウソです。俺ちゃんが初めて見た時に似てるなと思っただけです

【ジャン・バルジャン】 written by http://shibanari.at.webry.info/
 あゝ無情<レ・ミゼラブル>
   ※鹿賀丈史さんを思い出した俺ちゃんは間違っていると思う

【十八番じゅうはちばん
 歌舞伎から出た言葉、現代ではオハコと読む方が多い
 このオハコの読みは、本物と認定する鑑定家の署名「箱書き」に由来
 用例:明烏は八代目文楽師匠のオハコだからねぇ

【ジルジャン】
 シンバルのメーカーの一つ。トルコ工場製はKジルと呼ばれ珍重される
 エルヴィン・ジョーンズさんが訪問したら、ロハでくれたってさ

【素人しろうと
 物事に対し職業・専門としていない人を指す
 語源:平安時代の白塗りをしただけで芸のない遊芸人
 反対語:玄人
 業界用語:トーシロー
 反語:立川藤志楼(高田文夫さん、どこがトーシローだっちゅうねん)

【師走】
 十二月
 師(僧侶)も走るほど忙しいので、借金取りはなお忙しい
 忘年会で「年忘れは師走にやる」と駄洒落っても全然ウケない


「す」で始まることば


【すいか】 written by http://nakatan.at.webry.info/
 1. 110px*260pxの長方形の物体。
  最近やしの木に成ったといううわさがあったが、誤報と判明。
 2. 現時点では携帯電話に入れる場合特別なクレジットカードが必要なもの。
  秋にはクレジットカードが不要になるという話。
 ※ジャズファンはハービー・ハンコックさん(p)のウォーターメロン・マンを
  思い出してしまいます

【酔生夢死】
 有意義なことを何もなすことなく、一生を無為に過ごすこと
 すいませんねぇ、
 俺ちゃんごときのために、こんな立派な四字熟語が用意されてるなんて

【スイング】
 1)ジャズかどうかの判断基準
    説明するモノではなく体得するモノ written by http://sarunalogonline.at.webry.info/
 2)ジャズの1形式名
    デキシーランドより後、バップより前の時代
 3)ブランコ

【助平】
 フルネームは横目家助平、現・柳家一琴さんの二つ目時代の名
 二つ目とはいいながら、三代目横目家助平という由緒ある芸名
 正しく「よこめや すけへい」と読む必要がある

【擦った揉んだすったもんだ
 互いに意見などが合わなくて揉もめる。ごたつく
 「吸った揉んだ」と妄想してニヤニヤしだす馬鹿がいるから気を付けよう

【すっとこどっこい】
 日本語で俺ちゃんのことらしい
 「すっとこ」は、元来「裸体」のことで、転じて、醜い男を罵る言葉になったんですって
 はいはい、俺ちゃんのことですね

【スッピン】
 「別嬪」からの派生語: 素顔の状態でも、容貌が美しい女性
 現代語として: 化ける前の状態
 寝化粧もなさる方は一日のうちこの状態になるのは僅か数分ちゅーコトか?
 ゲームFFVの用語らしいコトが「はてな」に書いてあった

【ステテコ踊り】
 明治時代の落語家、初代三遊亭円遊が着物の裾をはしょり
 「♪スッテテコ、スッテテコ♪」と節を付けて歌い踊った
 どうもこれがステテコの語源らしい

【酢豆腐】
 →ちりとてちん
 落語のネタって上方から東京に移されたものが多い訳ですが
 どうもこのネタは東京の酢豆腐が上方に移って爆笑風に改作され
 ちりとてちんになった模様

【スパム】
 不特定多数に向けて一方的に送付される広告、クリックへの誘い
 最近WebryBlog事務局へ、これを何とかしてという機能追加要望が多い
 先に迷惑電子メールに対してスパム・メールの名がついた、
 上記は迷惑トラックバックでスパム・トラバであろう
 元々は外国の缶詰の商標で、連呼するコント仕立てのCMのせいで
 使われるようになったが、この缶詰屋さんは喜んでいるのでしょうか

【隅一すみいち
 野球で、一回に一点入れただけでその後、点が入らないこと
 ということは緊迫する投手戦で、最小得点差で勝敗が決まる訳ね
 かっこいい、と理解してよいのでしょうね

【掏摸すり
 昔の言い方では、巾着切り
 落語「一文笛」では、指一本つめても見事にスリを働く・・・


「せ」で始まることば


【晴耕雨読】
 晴れた日には外に出て少しばかりの田畑を耕(たがや)し、
 雨の日には家に居て読書をすること。
 悠々自適の境遇を指していう。・・・ふ~ん、いいなぁ・・・

【生殺与奪せいさつよだつ
 生かしたり殺したり、与えたり奪ったり=思いのままにすること
 「相殺」の正しい読みが「そうさい」であることから、そのノリで
 「せいさいよだつ」と読んだ人がいるようだが、深読みしすぎだわ

【正当防衛】
 内政と外交で微妙に意味するところが変わる?
 内政: 税金の無駄使いという精神的苦痛に対し不払いを考える事
 外交: 金正日からのテポドンに当たらないよう国土を守ること

【世界平和】
 祈念しております
 宇宙平和を祈念する日は来るのであろうか

【赤熱トム】
 「ゆかいな誤変換」で紹介されている関根勤の誤変換ネタ
 デビュー名「ラビット関根」(桂三枝命名) written by http://turedureweblog.at.webry.info/
 TV「欽どこ」出演をきっかけに芸名を本名に戻す written by Hatena::Diary
 逆から音読みすると キンコンカン となる (ご本人談)

【セクステット】
 六重奏団、ジャズではリズム隊のトリオ+3ホーンの編成が多い

【雪隠せっちん
 1)便所、厠
 2)雪隠詰め(将棋用語) 1一、又は9一の場所で詰ますこと
 3)雪隠詰め(一般) かつてカンズメ作業と同様の意で使われた

【切腹】
 落語「淀五郎」で演じられる、「四段目(蔵丁稚)」などでも少々…
  『うまく演るには、なにもかにもない、本当に切れば良いんだ』
 ピン芸人:ギター侍・波田陽区さんの高座終了の合図

【セプテット】
 七重奏団、ギャラは7分割するんでしょうね、きっと

【セルラホーン】
 高能率スピーカーの形式であるホーン型で、指向性を広げる形状を有する
 →マルチセルラホーン

【前後不覚】
 俺ちゃん、年に数回、この超常現象に見舞われたり・・・

【千秋楽】
 芝居・相撲などの一つの興行期間の最終日
 分かる者同士では、単に「らく」と言う。こりゃ楽でいいや


「そ」で始まることば


【ソイソース】
 ・お醤油
 ・若手ミュージシャンがなぜかプロジェクト名に付けた名前
 ・ロックバンド名の一部
 ・シアトルの日本人向けタウン情報紙

【総毛立つ】
 寒さや恐怖のために、全身の毛が逆立つほどぞっとする
 全身に鳥肌が立つ
 子供の頃見たマンガかTVで、子供の髪の毛が立つという設定があったような
 身の毛がよだつ、に同じ

【総嘗めにする】
 例:「火事は瞬く間に街を総嘗めにした」
  円生師匠の噺の中で『この蔵が無けりゃ一嘗めなんだがなぁ』
  というフレーズがありました
 例:「1人で敵を総嘗めにした」
  破竹の勢い、に同じ

【ソフトクリーム】
 冷たいクリームが渦巻き状になっているデザート
 この事からソフト=冷たい、又は、渦巻きと分かる
 カップに入ってストローが付くと名前がシェ-クに変わる

【蕎麦】
 落語に出てくる人のネタになる食い物
 蕎麦代金を小銭で支払うのは、まぁ分かるとして
 蕎麦が羽織を着ている、という状況はイメージできない

【ソプラニーノ】
 ソプラノよりさらに高音域を指す

【ソプラノ】
 ソプラノ・サックスのこと
 女声のソプラノと同じ音楽用語

【空耳】
 1)声や物音がしないのに聞いたように思うこと
 2)聞こえても聞こえない振りをすること・・・空耳を使う
 3)外国語が日本語に聞こえること・・・空耳アワーのお時間です

【そりがあう】
 ・気心が合うこと
 ・雪国の子供達の遊び
  坂を滑り降りるもよし、引いて雪だるまを運ぶもよし
 ・ムダ毛処理の名人芸   こりゃ無理矢理すぎでしたね
 ・「ソレが合う」をわざと崩した言い方 やはり無理矢理ですね

【ソロ】
 一重奏団
 類似語:ピン芸人
 0011ナポレオン・ソロ イリヤ・クリヤキン が懐かしい

【蹲踞そんきょ
 相撲における基本の姿勢、だろう、と思っていたら
 古代の礼法から始まって剣道、弓道、日本拳法、茶道・・・深かった

【損して得取る】
 例:落語「壺算」に出てくる値引き交渉の手法の一つ
   これ値引いてくれたら、帰って長屋中にこの店を宣伝しまっせ
 例:ソフトウェアで利益を出すため、ハードウェアを安く売り出す
 例:有料オプションを設ける前に、無料コースで会員を集める



「た」で始まることば


【醍醐味だいごみ
 物事の本当の面白さ、深い味わい
 ジャズでは: アドリブにこそジャズの醍醐味があるねぇ
 落語では: 爆笑よりもクスリとした笑いに醍醐味があるねぇ
 ご家庭では: たしか来週の火曜日は粗大醐味の日だねぇ

【幇間たいこもち
 宴の席を盛り上げる男芸者。太鼓持とも書く
 TV笑点に悠玄亭玉介師匠が出たこともあった
 落語「鰻の幇間」は笑いも多いが、涙なくしては聞けない
 落語「船弁慶」で、幇間を弁慶と呼ぶことも覚えた

【大根役者】
 白い大根に素人のシロを掛けた洒落で、演技が拙まずい俳優のこと
 他説: 大根はどんな食べ方をしてもあたらない → あたらない役者の洒落
 落語「三十石」では、船客の役者に「棒だら」と馬鹿にされた船頭が
 「あ~棒だらじゃ、役者さんの大根と煮て食うたら、うまかろ~」

【大山鳴動して鼠一匹】
 前触れの騒ぎばかりが大きくて、結果は大したことがない
 古代ローマの諺らしいので、実に古い
 古代のローマ人が東洋のジパングで大山参りをしていたとは
 気が付きませんでした
 お土産には左甚五郎の鼠の彫物を持ち帰ったコトでしょう

【大は小を兼ねる】
 例: 3人前用の鍋で2人前の料理を作れる
 例外: 書初め用の筆で米粒に字は書けない

【筍医者】
 下手な医者を【やぶ医者】というが、藪にも至らない、超下手な若い医者
 阪神タイガースネタ: 藪医者より劣る井川医者(いがわるい)

【蛸の茹で上がり】
 柳家小さん師匠が見せた余興

【立ち往生】
 弁慶の立ち往生に由来し、身動きのとれない状態になること
 ステージに出たのにシールドが繋がってないギタリスト
 (尤も、今はワイヤレスがあるのでこの辺の表現は微妙)

【狸】
 ・どこか間の抜けた感じがかわいい動物
 ・賽さいころに化けたら1(ピン)の目が楽なんですと
 ・狸の歌は数多し(だって"タ"を抜いて歌わないだけなんだもん)
 ・札幌に狸小路ってアーケード街があります

【タバコ】
 tabaco(tabacco)
 ジャズアルバムのジャケットや、落語のしぐさ中でキラリと光るもの
 命がけの嗜好品
 落語に出て来る茶店「一膳飯あり、柳家」の横手の畑で小規模栽培中
 ちなみに看板が「一ぜんめしありやなぎや」としてあることから
 「ひとつせんめし、ありや、なきや」と読めてしまう、 嘘だろ

【たまげる】
 魂が消える(魂たま消るげる)ほど非常に驚くこと
 サッカー(玉を蹴る)ではない
 ・子供の頃の謎々を思い出したので書く。 金太郎が熊と相撲をとっていた
  熊は負けそうになり逆転を狙って反則技にでた、これを見ていた金太郎の
  応援団は何と言って応援したでしょう?
  こたえ=金太負けるな!  (金太郎を金太と呼ぶのも反則では?)

【玉の輿】
 女性が結婚によって富貴の身分になること
 落語「妾馬」のお鶴ちゃん

【タンドリー・チキン】
 インド料理。俺ちゃんの田舎町にもインド・レストランができた
 昔、TVのカレーのCMで「インド人もびっくり」というのがあった
 今なら「インド人もプログラミング」であろうか
 お話戻って
 タンドリーとは鳥の種類ではなく、調理に使う壺状の鍋とのこと
 マクドナルドでも出し始めたが、この鍋で作っているのかしらね?

【旦那】
 →【若旦那】の所にご投稿頂いた 回文 がありますよ

【タンバリン】
 生まれて最初に触る打楽器、カスタネットと良い勝負かな
 カスタネットは小学校位までで、後にマラカスに興味が移る
 タンバリンは玩具を卒業すると、マジに楽器に向かっちゃう



   俺ちゃん国語辞典(第3版) あ~き
   俺ちゃん国語辞典(第3版) く~た
   俺ちゃん国語辞典(第3版) ち~の
   俺ちゃん国語辞典(第3版) は~め
   俺ちゃん国語辞典(第3版) も~ろ
   俺ちゃん国語辞典(第3版) わ~ん

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック