日本酒も奥が深いね(#109) with 楽天

画像

茨城県の来福・無濾過生原酒です
原料米 愛山
精米歩合 50%
アルコール分 17度~18度未満
日本酒度 ±0
酸度 1.4

まぼろしの酒造好適米らしいですよ、愛山って
酵母も、つるばらの花酵母使用と書いたあります
それが何なのかは分かりません
裏ラベルに
(東農短大分離株)
とも書いたあるのですが
全く分かりません
加平慈英さんの真似みたいですが
い~んです、分からなくたって飲めるんです
次へ
↓ラベルの色が違うようですけども


グルメ雑誌dancyu掲載!来福酒造の人気に火をつけた純米吟醸酒がコレです!茨城県 来福酒造 来福【らいふく】 純米吟醸 愛山 無濾過生原酒 袋しぼり 720ml
地酒・焼酎の「小野酒店」
来福酒造の人気シリーズ“無濾過生原酒”のなかでも最も人気の幻米を使用した「愛山」ご紹介です!「愛山」



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sou
2006年07月24日 22:49
そぉだそぉだ~~!!知らなくたって、うまいんだぁ!!
と、いいつつ、わかる範囲で情報提供(笑)。
「来福」は、相方がここの「愛山」好きなので、茨城のよく行く飲み屋さんで良く飲ませていただいております。私自身、村祐も来福も好きなので、取り上げていただいてここのところ、嬉しい限りです・・・。

ここの専務様はお若い(といっても、私よりは上ですが^^;)ですが、日々いろんなお酒つくりに挑戦していらっしゃいます。

「つるばら」については、
http://www.raifuku.co.jp/「花酵母について」に記載がありますよ。
「ベコニア」や「なでしこ」などもあります。

ここのHPの良いところは、私のような初心者にもなるべくとっつきやすいように書かれていることと、私のような飲んべ・・・いや、身の程知らずにも、「飲みすぎたら・・・」という救済項目があることですね~(笑)。いやはや(^^)>"
30日に、さる「会」で蔵元さんにお会いするので、またお酒をのませていただくことにします。
ロング>souさま
2006年07月24日 23:44
貴重な情報を書き込んでくださって感謝です
  「飲みすぎたら・・・」
  1、ランニングなどをして・・・
ここを読んで、飲み過ぎないようにしようという気になりましたね
二日酔いでランニングなんて、いったいどうやって・・・
sou
2006年07月25日 23:01
「ランニングなどで汗として出す!」という話は、時々聞き(おそらく民間療法の一つでしょう)ますが、絶不調のときは、さすがに・・・ね(笑)。
まぁ、きっとロングさんのように、「飲み過ぎないようにしようという気に」させるための、布石?
でも、蔵元さんなのに、「飲みすぎたら」なんて心配してくれるあたり、親切だなぁ、面白いなぁと思っています(笑)。
ロング
2006年07月25日 23:32
確かに、お客さんにどんどん飲んで頂いて、売り上げ右肩上がりを目指すのが通常のビジネスモデルでしょうからな
>「飲みすぎたら」なんて心配してくれるあたり、親切だなぁ
同感ですねぇ
まさか『飲みすぎても手だてはあるから、安心して飲みすぎてくださいの意』だったりして

俺ちゃんも分別が付いてきたのか、若い時のように吐くことが無くなって来ましたが、飲み友達の判断は『胃腸が衰えて吐く力も無くなって来たか』でした。言い返す言葉が見つからない・・・
sou
2006年07月25日 23:54
>まさか『飲みすぎても手だてはあるから、安心して飲みすぎて
>くださいの意』だったりして
なるほど~。それはそれで、飲み手は嬉しいですね(笑)。おいしいお酒で酔っ払えるなら本望・・・(笑)。

>若い時のように吐くことが無くなって来ました
言われてみると、私も最近悪酔いしなくなってきました(笑)。最近、日本酒をのむ時は、日本酒と同じくらい水を飲んでいます。これだけでも、負担が軽くなるときいたので。

しかし、書きながら思ったのですが、ロングさん、これだけ一升瓶の写真出してチェックしてるってことは、相当飲んでいらっしゃいますよね~??家飲み用に買ったりしてるんですか??
ロング
2006年07月26日 21:22
俺ちゃんの写真は9割方四合ビンでござんす
一週間に二人で四合と考えれば可愛いモンでしょ?
sou
2006年07月26日 22:59
あ、四合瓶だったんですね~。お~、勉強不足です、お許しを。
いままで、ロングさんを、「す~ごく飲む酒豪」と思ってました(笑)。いまは、「す~ごく飲む」だけ、はずさせていただきます(笑)。ナハハ(笑)。
ロング
2006年07月26日 23:34
そうですね、「す~ごく飲む」よりは「す~ごく飲みたがる」って感じかも。車の運転も好きなので、両立しないジレンマにかられます。例えが下手ですが、温泉巡りと家の庭いじりが好きな方も両方同時には出来ない。あるいは、女装趣味の野郎も消防団の寄り合いじゃ我慢して半纏で出掛ける。と言うようなものの、スキーと水泳が好きな方は水上スキーでいっぺんに楽しめるかもね。

この記事へのトラックバック

  • 居酒屋 ZUIKU C/W YOTABANASHI

    Excerpt: 「居酒屋」(せきみつぎ著・文芸社刊)より、著者の承諾を得て、ZUIKU(随句)と酔っ払いのYOTABANASHI(与太話)を抜粋して掲載しています ZUIKU(随句)は俳句と川柳に似ています 店長オス.. Weblog: 居酒屋店長 racked: 2006-07-24 13:53
  • 日本酒も奥が深いね(#169)

    Excerpt: 茨城県の来福で、#109の米違いバージョンですね Weblog: Jazzと古典落語の日々 racked: 2007-08-30 23:15
  • 日本酒も奥が深いね(#183)

    Excerpt: 茨城県の来福・生原酒・袋しぼりです Weblog: Jazzと古典落語の日々 racked: 2008-07-12 08:40
  • 日本酒も奥が深いね(#220)

    Excerpt: 茨城県の来福・夏の酒です Weblog: Jazzと古典落語の日々 racked: 2008-07-12 08:40