日本酒も奥が深いね(#98) with 楽天

画像

栃木県のアル添吟醸・松の壽です
無濾過生原酒ということで、この品にも
 要冷蔵
の表示がござんす

原料米 五百万石
精米歩合 50%
アルコール分 18度~19度未満
日本酒度 +5.0
酸度 1.5

以上に加えて
仕込水  高原山麓自家湧水 超軟水
使用酵母 栃木県培養酵母 M
と書いたあります

裏のラベルには 17BY とも書かれています
BYは酒造年度だそうですから、できたてですね
菊姫さんにも「BY大吟醸」というのがありましたから
ワインでいうボジョレ・ヌーボー的な単語でしょうか
次へ

tamakoさま、先程はコメントありがとうございました
pop-spaさま、掲示板ですが、健康さんこちらを使ってはるようです
検討の選択肢に入ってましたか?


松の寿 純米吟醸無濾過生原酒 五百万石720ml  栃木県
地酒ワタナベ
爽やかな香り、スッキリとした喉越しの中にもしっかりとした米の味わいがあるお酒です五百万石50%精白限



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロング
2006年05月13日 09:08
めぞん一刻の管理人さん4種シリーズですか、凄い。
2番目は惣一郎さんも登場しそうな雰囲気ですけど
管理人さんだけで4種完結かもしれない
お酒だけど一ノ瀬さんの登場は難しいでしょうね
こういうのGetすると「あけるタイミング」「捨てるタイミング」が難しそう・・・
情報ありがとうございました、しばしめぞん一刻のHPなどで思い出にふけりましたよPIYOPIYO
sou
2006年05月15日 23:33
この間、松の寿さんの雄町を飲んで、「おいし~い」と思いました。
どんな風においしかったか??
・・・。・・・。う~ん。そこまで覚えておらず・・・(笑)。肝心なところで酔っ払ってしまい。ゴメンナサイ(笑)。ハンサムな専務さまと若くて美人な奥さまが、一生懸命作って売られているお酒です。
ロング
2006年05月16日 06:16
souさま、相変わらず博識でいらっしゃる
これで、実はsouさまが松の寿さんの若おかみ(旅館じゃないってか)だったりしたら、↑コメントの「粋さ加減」倍増って感じですが♪
sou
2006年05月17日 00:25
あはは。残念。
旅館でも、酒屋さんでも、蔵元さんでもないです~。単なる酒好きです(笑)~~。それも、酒屋さんには行くけど、私は買わないし(通常は、安く出してくれる飲み屋さんなどで飲むので)、蔵元さんのお話よりもお酒に気をとられ、そのくせ最後は酔って味を忘れる・・・と、かなりいい加減です(苦笑)。
ロング
2006年05月17日 20:29
お気に入りの飲み屋さんがあるみたいで、いいですね~
去年、近くに一軒オープンしたけど、焼酎居酒屋さんだもんなぁ
日本酒より焼酎の方がブイブイ言ってますよね・・・
sou
2006年05月17日 23:04
>お気に入りの飲み屋さんがあるみたい
ちなみに、私にとっての「お気に入り」は、日本酒を愛しているお店です(笑)。お酒を法外な値段で売ったりしないし、お酒の品質管理も良く、そのお酒に関する話をきちんとしてくれるところ(蔵元さんがどんな人、とか、どういう風に作っているのか、とか)。しかし、数多いわけではないので、ここ1年くらいで、茨城に行ったり、都内に出たりするようになってしまいました(笑)。いつも思うのは、「私の自宅そばか、定期の圏内に支店を出してくれ~」ということ(笑)。
いま流行中の「焼酎」ブームの次が、「日本酒」か?「地ビール」?「ワイン」?・・・わからないけど、いつか日本酒ブームになるときまでに、自分も、たくさんのおいしい日本酒を知っていたいなぁ(笑)。
ではでは。
ロング
2006年05月17日 23:23
>たくさんのおいしい日本酒を知っていたいなぁ
そんな感じで、このシリーズ記事も3桁になりなんとす
 目出度さも 中くらい也 貧乏人

この記事へのトラックバック

  • 日本酒も奥が深いね(#229)

    Excerpt: #98に続き、栃木県の松の壽・吟醸・無濾過生原酒です Weblog: Jazzと古典落語の日々 racked: 2009-02-07 15:33