日本酒も奥が深いね(#96) with 楽天

画像

奈良県の春鹿「なんと かすみざけ」です
漢字は難しいです、特に「と」が良く分かりませんが
NANさまの記事によると「南都霞酒」で良いみたいですね
その下には 純米吟醸生酒 要冷蔵 と
書いたあります
春鹿さんの吟醸・生ということで #56 と色違いみたいなラベル・デザインですね
その #56 で
東日本で西日本のお酒を手に入れるのは大変ですわ
などと書いてましたが、
通勤ルートが変わったりなんだりで、以前見つけたお店になかなか行かれない・・・
というのも辛いものがありますね~

精米歩合 55%
アルコール分 15度~16度未満

ややや、安い携帯のちゃっちいカメラの限界を感じますな
綺麗なブルーのボトルのはずが、むしろ緑色に見えちゃってるゾ
ん?、あ~、バックの敷き物の色が影響してるのか
『俺ちゃん写真館』的な撮影用のちゃんとした設備が必要ですね・・・
そんな設備投資、むりだい
ぜひ上記NANさまブログにUpされている写真をご覧下さりませ
次へ


春鹿 純米吟醸 南都霞酒 うすにごり 山田錦 720ml 2009年新酒
西の京地酒処きとら
花見酒にピッタリ! 春鹿 袋吊り搾り純米吟醸 南都霞酒 (うすにごり酒) 奈良を代表する蔵元、春鹿の



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月04日 08:02
ロングさま
(* ^-^)ノおはようございます♪おじゃまいたしまぁす。甲南大学OBのNANさまのところへ行ってきましたぁ。背景色の違いでボトルの色が変わる・なるほど納得です。中身は味見をしないとわかりませんのでコメントはしません。はい。昨日は「廓噺」←この字が読めず(涙)くるわばなし・とわかり嬉しくなってからよく知らなかった古典落語・いままで何をしていたんだろって・まいりました。☆Jazzと古典落語のuchi-a式思いつき国語辞典 第2版←これも面白いし・またあらためておじゃまいたします。
ロング
2006年05月04日 08:29
viola777さま、足跡コメント、感謝です
HNから想像するに「ヴィオラ・プレーヤー」さんでらっしゃいますか、貴ブログをWebryReader・βに登録させて頂きましたことですし、これから自力で確認して参りますけども。
HNの後ろ3桁から想像するに、スロットの「ばくち打ち」さんでらっしゃいますか?「廓噺」も自家薬籠中のものにされてお酒もいける口でらっしゃいますから、これで 飲む・打つ・買う 三拍子揃いましたな・・・ん・・・買う?・・・ありえね~

この記事へのトラックバック

  • 日本酒も奥が深いね(#187)

    Excerpt: 奈良県の春鹿、槽掛け雫酒です このラベルはですね、 どうやらいくつかの蔵の合同イベントで出したお酒ということで 皆でこのデザインのラベルを使ったようです 暫らく前に「見つけた春鹿さんは買う.. Weblog: Jazzと古典落語の日々 racked: 2008-01-05 10:05