今日のアルバムとこの一曲(#347) with Amazon

気が向いたときに、お気に入りのアルバムとその中の一曲を書いていくつもり。

「Now's The Time」 Joe Albany
この一曲:They Can't Take That Away From Me

お気に入りの編成、ピアノ・トリオでござんす
 ドラムがロイ・ヘインズさんですね
 ベースはアート・ディヴィスさん
チャーリー・パーカー作品集みたいなアルバムで、
全10曲中、パーカー作品が7曲を占め、しかも
トリオによるオリジナル1曲のタイトルは
「チャーリー・パーカー・ブルース」
俺ちゃん、あんまりオリジナルは得意じゃないけど
チャーリー・パーカーさんのオリジナルって、ほとんど
スタンダード化してますよね
タイトル曲、ヤードバード組曲、今ファーメーション、
ほとんどスタンダードを聴く感覚で聴いてます
ヤードバード組曲はテーマの時点で転調を組み込むなど
もともと新鮮なメロディーなのに
さらに鮮度を上げようというサービス精神か
しかし、俺ちゃん、こんなマイナーな方のアルバムも
購入していたんですねぇ
次へ
↓ジャケ写が違うのは発売元が違うからなんでしょうね

ナウズ・ザ・タイム
エム アンド アイ カンパニー
2006-09-20
ジョー・オーバニー・トリオ

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月26日 10:35
はじめまして、最近、このアルバムを聴きました。
パーカーの曲って、いいですね。
それを、とても楽しく演奏するジョー・オーバニーもいいですね。
トラバしようとしたらできなかったので、コメントだけでさせていただきます。
ロング
2008年01月27日 23:44
kumacさま、いらっしゃいませ
TBができなかったとは残念至極、チョイチョイその様な記事を読むことがあるので、WebryBlogのオリジナリティ上の問題かと思われますが・・・
お話変わって、
今本文を読み返してみたら「今ファーメーション」って書いてた
お恥ずかしいです
ロング
2008年01月30日 21:31
TBは俺ちゃんが公開していないだけでした
失礼しました
後で「今ファーメーション」も直しておこう・・・

この記事へのトラックバック

  • Joe Albany『Now's The Time』

    Excerpt:  ワーン・マーシュつながりで、先日はジョー・オーバニーの勢いのある快活な演奏を知ったkumacですが、もっと彼の演奏を聴きたくて手に入れたのがこのJoe Albany『Now's The Time』で.. Weblog: kumac's Jazz racked: 2008-01-26 10:33