今日のアルバムとこの一曲(#287) with Amazon

気が向いたときに、お気に入りのアルバムとその中の一曲を書いていくつもり。

「TAKE TEN」 PAUL DESMOND
この一曲:EL PRINCE

Jazz数珠繋ぎのコメント欄に書いた盤を取り上げます
この盤も高校時代、FMラジオで聴いた覚えがあります
振り返ってみると今までポール・デスモンドさん(as)を
取り上げていなかったんですね
ブルーベックさんの変拍子Jazzアルバムは取り上げていましたけど
Jazz本とか読んでると
ポール・デスモンドさんって自身のリーダーアルバムでは
決まってピアノレス、これはブルーベックさんに対して
相当アタマに来ていたからに違いない、みたいなことが
書いたある
確かにこの盤もピアノレスだなぁ
次へ

TAKE TEN
RCA
1999-03-09
PAUL DESMOND

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Straight no chaser
2005年11月05日 23:29
3拍子も一種の変拍子のようでした。最初は難しかったのですが、弾いていると次第に面白くなります。5拍子は「Take Five」が代表選手ですが、身近なところでは、「スパイ大作戦のテーマ」も5拍子ですね。バカラックの「プロミス プロミス」(金融関係じゃありませんよ)は3拍子と4拍子の組み合わせ。フランシス・レイの「男と女のテーマ」は4拍子プラス6拍子で始まります。ビートルズの「We can work it out」は4拍子の曲ですが、サビの終わりのほうで、3拍子が出てきます。JAZZから離れちゃいましたが、変拍子あるいは途中でリズムが変化する曲、なかなか印象的なものでございまする。
ロング
2005年11月05日 23:42
SNCさま、いらっしゃいませ
俺ちゃん、変拍子は十分Jazzyだと思うものですが、Jazz本なんぞを読んでると本線Jazzの方には今ひとつウケが良くないように見えますね・・・ということから俺ちゃん的にはSNCさまのコメント、JAZZから離れちゃいないと思うものです(論点ずれますが、所謂ブリッジ部分に1~2小節増やす作曲技法は変拍子とは言わないのでしょうか?)
Straight no chaser
2005年11月06日 00:11
うーん、鋭いご質問。狭義の変拍子というのは、4分の2拍子、4分の4拍子、4分の3拍子、8分の6拍子以外の楽曲を指すのでしょう。すなわち「Take Five」のように、1小節のなかに4分音符が5つ入っているような形式で、最初から最後まで演奏するもの。しかし、ご指摘のブリッジ部分などに、音符が足される曲がいろいろありますし、途中で倍テンポになる曲、8分の6で始まって、途中、4拍子に変化する曲などもございまする。拙者考えまするに、手拍子打ちにくい曲、手拍子が途中から合わなくなる曲、これらすべて変拍子と言って差し支えなしと言えるのでは。月影のワルツ、よく酔っ払ったオジサンが2拍子でムリヤリ手拍子打ちますね。なかなかシュールでよござんすね。素面で、できることじゃござんせん。あれこそ変拍子。
ロング>SNCさま
2005年11月06日 00:49
>手拍子打ちにくい曲、手拍子が途中から合わなくなる曲
このご説明のバックボーンに共感です、座布団一枚もらってください!
(特に途中から合わないは言い得て妙)
変拍子でもスイング感は出せると思いますが、聴く側にもその曲の構成情報が伝わっていないと乗れないと思うのです。特にテーマの中で拍子を変化させる構成は「はまればツボ・はずすと非スイング」になりそうに思いました
Straight no chaser
2005年11月06日 14:10
ロング様 ありがとう存じます。変拍子で座布団1枚頂けるなんて、こんな結構なことはございません。今後とも、より一層精進いたす所存でございますので、どうぞご贔屓にお願い申し上げます。(六代目圓生の語り口をマネしたつもり)
ロング>SNCさま
2005年11月06日 16:04
えー、なんでげす、その、トラバってぇーましたか、結構なものを頂戴しまして、すいませんねぇ、こちらから伺わなくてはいけないんですが、この次はきっと、なにしますんで、えぇもうまったく、本当のはなし・・・
Straight no chaser
2005年11月06日 16:07
ロング様 先ほど、わたくめのブログに書いた記事に、座布団の御礼を書かせていただいたので、ついでにTBしちゃいました。すると、ポール・デスモンドさんの記事に、全くつながりのないTBがあって、ちょっと変ですよね・・・TBって考えてしないとダメですね。反省。
ロング>SNCさま
2005年11月06日 16:16
ここ、Jazzと古典落語のブログなんで全然オッケーでしょう
(全然オッケーって誰がいつから言い出したんでしょうね)

この記事へのトラックバック

  • 「井戸の茶碗」って国宝なんだ!

    Excerpt: 「井戸の茶碗」と書くと、落語ネタだな、と思われる方もおられると存じます。このブログでも、2005年2月に「五代目 春風亭柳朝 井戸の茶碗」 として書きました。先日、都筑図書館から芸術新潮編集部「国宝」.. Weblog: Straight no chaser racked: 2005-11-06 15:18
  • 【裏】作曲の王道 世界一遅く吹く、アルトサックス奏者

    Excerpt: New! ●第20回-ジャズ ポール・デスモンド/フロム・ザ・ホット・アフタヌーン[+6] ~世界一遅く吹く、アルトサックス奏者。でも Weblog: (裏)作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビュー racked: 2006-12-26 09:37