今日のアルバムとこの一曲(#292) with Amazon

気が向いたときに、お気に入りのアルバムとその中の一曲を書いていくつもり。

「COUNT BASIE AND THE KANSAS CITY 7」 
この一曲:OH, LADY BE GOOD

Jazz数珠繋ぎのコメント欄に書いた盤を取り上げます
この盤はタイトル通り
ベイシー御大と7名のミュージシャンの演奏
#13 のカウント・ベイシー・オーケストラですと16人でしたから
丁度半分の人数構成、スモール・コンボ好みの俺ちゃんとしては
真にありがたいベイシー・バンド
ギターのフレディ・グリーンさんがいるので、
ベイシー・オーケストラの雰囲気もばっちし
フルートの音色もいいですよね
ベイシー御大はオルガンも弾きます
次へ

Count Basie and the Kansas City 7
Impulse
2003-03-03
Count Basie and the Kansas City 7

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Straight no chaser
2005年11月09日 22:21
ベイシー御大はオルガンを弾かれますか。ビッグバンドの親分のスモール・コンボでの演奏といえば、Duke Ellington & John Coltraneというアルバムがありますが、Duke御大もけっこうマジメに演奏しており、コルトレーンもノリノリです。2曲目に「Take the Coltrane」というアップテンポの曲がありますが、Dukeとのコラボだけに、なんとも洒落た名前ですね。JAZZ MENのこういう洒落っ気は、まことにオツなものでげす。し、しまった!JAZZ数珠繋ぎで「Take」で、この曲を投稿すればよかった!残念!
ロング>SNCさま
2005年11月09日 22:31
今、CDラックのエリントンさんの所を見て、見つからないのでコルトレンさんの所をみたら、あった。この入れ方じゃ John Coltrane & Duke Ellington ですよねぇ、impulse!レーベルの所為かな。SNCさま、新しい「XX繋ぎ」をあみだしてくださいよ、入り浸ってみせます(笑)
tazzy
2005年11月09日 23:35
ベイシーっていつの間にかグリーンしか聞いてないんですよね。。。
ウディー・ハーマンもビリー・バウアーしか聞いてなかったりして・・・
ロング>tazzyさま
2005年11月10日 00:00
そうそう、で、勢いに乗ってグリーンさんのリーダーアルバム買っちゃったりするんですけど、ベイシー・バンドの方が良かったりして。
>ウディー・ハーマンもビリー・バウアーしか・・
恥ずかしながらこちらは聴いておりませんでした(負)

この記事へのトラックバック