今日のアルバムとこの一曲(#280)  with Amazon

気が向いたときに、お気に入りのアルバムとその中の一曲を書いていくつもり。

「SUMMERTIME」 THE WALTER BISHOP JR. GROUP
この一曲:FALLING IN LOVE WITH LOVE

Jazz数珠繋ぎのコメント欄に書いた盤を取り上げます
この盤は全12曲、2分から3分41秒の間という演奏時間
1963年の録音と書いてあるが1940年代みたいだぞ
あらためてCDを見てみよう
  (って、別に鑑定団に出すような骨董品ではない)
DIWのマークがある・・・DISK UNION がらみ
1989 FRESH SOUND RECORDS と書いてある
再発・発掘で有名になったヨーロッパのレーベルかな
よく分からないけど
このCDを普通にお金を払って買うことができたのは
売る努力をしてくれた人達がいたからのようですねぇ
ライナーはジャズ本ライターでもあるジャズ喫茶店主のT氏、
5曲目の DOTTIE'S THEME が一押しのようである
次へ

サマータイム
ディウレコード
1989-10-25
ウォルター・ビショップJr.

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Walter Bishop Jr.『Speak Low』

    Excerpt: ?『スイング・ジャーナル』のゴールドディスクの威力は甚大だ。kumacが、その紋章に恐れ入って購入したLPは数知れず、しかし、それで外れは意外とあった。外れと言っても、へたくそな演奏ということではなく.. Weblog: kumac's Jazz racked: 2005-11-13 08:32