今日のアルバムとこの一曲(#277)  with Amazon

気が向いたときに、お気に入りのアルバムとその中の一曲を書いていくつもり。

「THE GENIUS OF BUD POWELL」 
この一曲:TEA FOR TWO

Jazz数珠繋ぎのコメント欄に書いた盤を取り上げます
TEA FOR TWO と HALLELUJAH の2曲が
レイ・ブラウンさん(b)とバディ・リッチさん(ds)とのトリオで、
他の8曲はピアノ・ソロという編成です
ソロではお気に入り曲の PARISIAN THOROUGHFARE が良いな
トリオではドラムのバディ・リッチさんってあまり聴いてない方なのですが
バカ・テクで有名なのは承知してます
TV放送でもエンターティメント満載の演奏を見せてました
ホント、見せる演奏
ハイ・ハットでスティックを挟んで「取れないよー」ポーズをしてみたり・・・
「8時だヨ!全員集合」で売れる前のザ・ドリフターズはクレージー・キャッツ
ゆずりのコミック・バンドのステージを見せていた訳ですが
カトちゃんにこのテクがあったら、やってたと思う
(ハナ肇さんがやってたかどうかは存じ上げない)
脱線しましたが、トリオはバカ・テク三人組ということで
とりあえず尊敬しておくのでございます
次へ

The Genius of Bud Powell
Verve
1992-07-28
Bud Powell

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

tazzy
2005年10月12日 06:09
ハナさんのドラムソロ・・・最高でした床叩きながらフロントに出てきてマイクスタンド叩いて「ハナだ~!」って・・・
ロング
2005年10月12日 07:02
あ、そのドラムセットから中央マイクまで叩きながら移動してく奴、覚えがありやす。谷さんのボーンを演奏中に分解していく奴とか。
tazzyさま、先日はお忙しい中「Jazz数珠繋ぎ」にコメント頂いたのに、skip扱いしちゃってすみません、怒らんと又コメント下さいね♪

この記事へのトラックバック