今日のアルバムとこの一曲(#269, 270)  with Amazon

気が向いたときに、お気に入りのアルバムとその中の一曲を書いていくつもり。

「JUNKO ONISHI LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD」
この一曲:SO LONG ERIC

「JUNKO ONISHI LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD II」
この一曲:TEA FOR TWO

ここのところ Vol.x シリーズでござーる、続けます
ベースは REGINALD VEAL さん、ドラムは HERLIN RILEY さんと言う
1994年5月6~8日の録音
2枚組みだったら買わなかったかも知れないので、
俺ちゃん、しっかり「バラ売り」の罠にはまりましたね
SO LONG ERIC は「LONG」という単語が付いている以上、
この一曲に推さない訳にはいかない
3曲目の CONCORDE も好きな曲だが
II の1曲目は THE HOUSE OF BLUE LIGHTS
大西さんのピアノってエディ・コスタさんと似てる所あるなぁ
って思ってたので、納得の選曲
↓Vol.2のAmazon(ジャケ写真)は こちら 次へ

Live at the Village Vanguard
Blue Note
1995-05-02
Junko Onishi Trio

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Eddie Costa『The House Of Blue Lights』

    Excerpt:  タル・ファローのバンドでピアニストを勤め、『Tal』を始め、多くの名作を世に送り出したピアニストでもありビブラフォン奏者でもあるエディ・コスタは、ピアノの打楽器的奏法でも人気がある。しかし、あまりに.. Weblog: kumac's Jazz racked: 2005-10-09 07:42