日本酒も奥が深いね(#番外編) 氷清

画像
帰省でフェリーを利用します
寝酒に一升瓶や四合瓶は大げさなので
 田酒の180mlビン
に目を付けました
特別純米酒 原酒 と書いてあります

右の180mlビンは琵琶の長寿 純米吟醸です

二本の共通点は「氷清」ですが、
他にも「原酒」と「精米歩合55%」が一緒ですね
違いはアルコール度数で、さすが田酒は言いだしっぺらしく
18~19度、氷が溶けて普通の強さになるように、ですか
ところが琵琶の長寿は16~17度、ちょっとライトな感じ

どうして青森と滋賀のお酒を組み合わせているのか
聞いてみればよかったかな
次へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年09月16日 20:48
う~ん,たまには日本酒呑みたい。田酒呑みたい。酒盗をあてに。
千葉県行徳に住んでた時は,
週三日のペースで居酒屋「てんま」に通ってました。
独身の時で,まだお金があったのです。。。
tamako
2005年09月17日 23:43
北海道はフェリーで上陸するのが一番だと思うきょうこの頃です。田酒は父が教えてくれまして、好きなお酒です。
ロング
2005年09月25日 00:21
NAKAさま、tamakoさま、いらっしゃいませ
田酒は色合いの濃い感じが特徴ですよね
結局、氷の手配をぬかったので、そのまま飲りました
あては剣先烏賊の乾きモノで。

この記事へのトラックバック

  • 日本酒も奥が深いね(#67)

    Excerpt: 純米大吟醸 田酒です。 田酒は一度 番外編で氷清 を取り上げておりました 氷清も含めて、今まで飲んだことのある田酒って 色合いの濃いお酒、って印象が強いのですが、 この純米大吟醸はさほど黄色味.. Weblog: Jazzと古典落語の日々 racked: 2005-11-04 22:30