今日のアルバムとこの一曲(#245, 246)  with Amazon

気が向いたときに、お気に入りのアルバムとその中の一曲を書いていくつもり。

「HOUSEPARTY」 THE COMPLETE JIMMY SMITH'S SUPER JAM VOL.1
この一曲:CHEROKEE

「THE SERMON」 THE COMPLETE JIMMY SMITH'S SUPER JAM VOL.2
この一曲:FLAMINGO

ここのところ Vol.x シリーズでござーる、続けます
オルガンのリーダーアルバムを取り上げるのも初めてかな
オルガンと言えば、東京Jazzに来日したジョシュア・レッドマンさん(ts)が
サイドメンがソロを取っている間、ご自分はオルガンを弾いてましたね
ジミー・スミスさんについては、ヴァーブに「ザ・キャット」という、
赤地に黒猫ジャケットの有名盤があります、
俺ちゃんはその昔JBL買う時に処分してしまいましたが
(苦手意識のあるビッグ・バンド・アレンジだったし)
そしてこの2枚は愛蔵しているものの、熱演は伝わってきますが
ジャム・セッションらしいラフな感じがアルバムの完成度を今一つに
しちゃっている気がするんですよね
逆に言えば、それだけJazzyなセッションなんです
細かい所で注文付けてるような文章になっちゃいましたが
BLUE NOTE レーベルなんだし、安心して聴きましょ
↓Vol.2のAmazon(ジャケ写真)は こちら 次へ

House Party
Toshiba EMI
2000-09-23
Jimmy Smith

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ジャマ
2005年08月11日 14:48
ジャズネタは初めてですね。ぼちぼちいきます。
オルガンは好きです。といってもオルガンにホーンがからむもの。ブルーノートのジャム・セッションものは1500番台のものも持ってます。
とは言え1曲20分はしんどいと思うこともあります。そういう意味ではシンプルにまとめた、「J.O.S.」あたりが一番聴き易いかな。
ロング>ジャマさま
2005年08月11日 15:27
>ぼちぼちいきます。
誰にでもお願いしてますが、お手柔らかに...
>1曲20分はしんどいと思うこともあります
俺ちゃんがアルバムの完成度が今一つ、と思った主な理由はこれかも
BLUENOTEって1500番台が大黒柱だと思います

この記事へのトラックバック