たまには一席(#65) with Amazon

気が向いたときに、お気に入りの古典落語を書いていくつもり。

演目: 薮入り
演者:三代目 三遊亭金馬

この映像は #2 の志ん生師と共に、モノクロの記録であり、
昭和36年2月4日放送と書いたある
この方が子供嫌いで有名だったなんて、
ま、そーゆーこともあるのでしょう
#42 だったと思うが
見世物小屋の呼び込みの親父は潰れたような声が商売には良いのだと言って
それはそれは酷い声で「さ~いらっしゃい、御用とお急ぎでない方は・・・」と
本当にわざと酷い声で聞かせておいて、その声の説明に円生師曰く
「金馬に正蔵がのりうつったような・・・」
笑っちゃ失礼と思う暇なく笑ってしまいました
次へ

NHK落語名人選(5) 三代目 三遊亭金馬 孝行糖・薮入り
ポリドール
1990-05-25
三遊亭金馬(三代目)

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ほめく
2005年07月04日 07:57
ブログへのコメント有難うございます。
三代目三遊亭金馬の”薮入り”は、絶品ですね。
子供嫌いとのことですが、出入りの釣具屋の娘が、東京大空襲で家族が亡くなり孤児になったのを知って、自分の養女にして育てました。
この女の子が、後の海老名香葉子で、その縁で林家三平に嫁ぐのです。
ですから、子供嫌いではなかったと思います。
ロング
2005年07月04日 10:01
HOME★9(ほめく)さま、いらっしゃいませ
>子供嫌いで有名
DVDの解説をそのまま鵜呑みに書いておりましたが、ご指摘の逸話もどこかで読んだ気がします。俺ちゃんの勝手な想像ですが、金馬師匠、心の中では嫌いじゃないのに口から出る言葉が「子供なんざ嫌いだよ」だっただけでは?

この記事へのトラックバック