日本酒も奥が深いね(#31) with 楽天

画像
純米吟醸45の獺祭だっさいです
ご想像の通り、45は精米歩合
獺祭さんは特に精米歩合がすごいです
純米大吟醸に至っては、35どころかもっと磨いてます
まずは45%の獺祭さんを確認しましょう
懐が暖かくなったら大吟もお試しだ!!!
この写真四合瓶ですが、口が一升瓶と同じ構造のものでした
珍しいよなー
次へ

コメント欄が音楽っぽいので、テーマに「音楽」も入れてみました


山口県の地酒 獺祭(だっさい)獺祭 純米吟醸45 1800ml【旭酒造】
旨い地酒&焼酎 「酒味の店」
山口県の地酒 旭酒造   獺祭(だっさい)純米吟醸45 アルコール度数 15~16度台 日本酒度 +



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年04月10日 00:12
コメントありがとうございます。

「獺祭」ですか~!イイですねぇ~。この漢字、「だっさい」では変換出来ないので「かわうそまつり(送り仮名の<り>は削除)」して書いてます。

以前、どこかの酒屋さんの「お酒の会」で社長さんが来られていたことがありました。「旭酒造の・・・櫻井さん」だったかな?(記憶が薄い)

蔵元には行ったことないですが、美味しいお酒を造られる蔵元で、
凄くこだわりを持った蔵元だと思います。

ロング様のお口にも、合ったことだろうと思います。
どうでしたか?


ロング
2005年04月10日 00:30
日本酒大好き!クラシック音楽大好き! さま、いらっしゃいませ
そうそう、かな漢字変換で苦労する固有名詞ですね、辞書に教え込まないと...いつかは大吟醸も味わってみたいものです
今までお酒のお話が多かったけどクラシック音楽の方も色々教えてください。ホロヴィッツさんのポロネーズ「英雄」なぞはJazzを聴く感覚で聴いてます。
2005年04月12日 23:14
ロング様はJazzがお好きなのですね?
私は骨の髄まで「クラシック音楽」・・・と言うわけではなく、
「クラシック音楽」の中でも、
かっこいい(フル)オーケストラ音楽好きなので・・・、

要は、チャイコフスキーやマーラーの交響曲は聴くけど、
モーツァルトやバッハなんかは聴きません。と言う
ある意味「偏食者」なのです。
ロング
2005年04月12日 23:38
NANさま、コメントどうも
俺ちゃん的には、チャイコフスキーは何と言ってもピアノ協奏曲1番の出だしとくるみ割り人形ですね。マーラーは確か1枚持ってたので日曜日にでも。モーツァルトの交響曲ってニックネーム付いてたりする割りに印象薄かった気がします、やっぱり小編成だけど一小夜曲かな。バッハはジャズ屋さんも良く取り上げてます、G線のメロディ好き。バッハを聴かないならヴィヴァルディ(四季)もNGですか?俺ちゃんたまに日曜の朝の最初のCD、Jazzじゃなくてグリーク(ペールギュント)だったりします。
------------------
コメント同じの二連発だったんで最適化しときますよ。
2005年04月13日 00:15
だぶりコメント失礼致しました。

私自身、「(素人)楽器吹き」でもありますので、自分が担当するパートが無い曲は、本当に聴く機会がありません。嫁さんは結構幅広く聴いているので、CDはたくさんありますが、本番の為の曲の勉強もしていると、どうしても聴く曲が偏ってきます。(反 省)

そう言えば、ペールギュントは去年やったなぁ~。「魔王(でしたっけ?)」とかは、有名ですが、結構難しくて、何回も練習した覚えがあります。

ロング
2005年04月13日 09:52
NANさま、
NANさまのURL http://nannan-tuba.at.webry.info/ ですもんね
チューバ・納得です!!
去年ヨーロッパのJazz屋さんでチューバでソロ取ってるTV見ました
2005年04月13日 10:30
はい!そうなんです。
学生時代は本当にTuba一色でした。(勉強は??)

プロの先生に習ったりもして、熱心でした。
でも、その先生は今は、ウィーフィルメンバーとなり、
頑張っておられます。

アタイも、もう少し楽器の練習頑張ってみるかなぁ~!!
ロング
2005年04月13日 21:17
音楽聴いていると、演奏する側にあこがれる
落語を聞いても、語る側に行ってみたくなる
お酒は飲んでも、作る側に首をつっこまないようにしている
2005年04月13日 23:28
ははは。まさにその通りですね。蔵元さんに造りのことをあれこれ言う人もいるようですが、お酒は飲んで美味しかったらそれでエエと思います。

音楽を聴いていると演奏する側にあこがれる。
音楽を演奏していると、作曲する側にあこがれる・・・?
まぁ、私はそんなことありませんが・・・。
ロング
2005年04月13日 23:41
俺ちゃん、音楽も作る側には手出せませんねぇ
ドラムとかギターいじるのが精一杯(管楽器は音にならんし)、
アドリブTRYしてもストックフレーズしか出せないと思います。
絵画を描くのとスコアを書くのって似ているかも?
2005年04月14日 22:50
何でもそうですが、創造(クリエイト)するって、とっても難しいことなんですね。
ましてや、音楽なんて・・・、才能がないことには、ムリな世界ってあるようです。やっぱり・・・。

勿論、楽器の即興も難しいですけどね。
アタイは、存在する「楽譜」すら、満足に「音楽」に出来ていないかも知れませんね。。。そう思うと、とても悔しいです。

楽器を使って「音楽」するって、実は、言葉をしゃべる以上に難しい事なんですね。
ロング
2005年04月15日 07:20
演奏って聴いてるだけでは分からない、実際演奏する側に立ってみないと実感できない難しさがありますよね。大編成モノで最前列と最後列の楽器が同じタイミングで演奏すると観客には微妙な時間差が出るので、素晴らしいオーケストラなぞは後ろの演奏者ほど指揮より微妙に走って演奏しているらしいし・・・・
2005年04月17日 23:59
はい、そうです。まぁ、有名な話なんですが。

私なんか、必ず舞台の一番奥ですし、特に低い音を担当しておりますので、
楽器が音を出す反応も、少し遅いめ・・・。ですので、
かなり気を付けて早い目に出る様にはしております。
(ずれない程度にですが・・・)


※音の反応
 バイオリンは弓を引いた時の「発音」がとてもハッキリ発音する
 ことが出来ます。「パーン」と言う具合に・・・。
 でも、コントラバスは弓を引いて音を「発音する」まで、
 バイオリンに比べて(ほんの少し)時間がかかります。
 配置だけではなく、楽器の発音特性まで考慮して、
 オーケストラは成り立っているんですね。
  (これを書いていて、改めて実感)
ロング
2005年04月18日 00:09
※音の反応→奥が深いですね
エレキのエフェクターではわざわざ音の反応を悪くするような奴もありますもんね(楽器的に畑違いの話でしょうけど)

この記事へのトラックバック

  • 花見だ!花見酒だ!

    Excerpt: 今日は、会社の若い衆+数人のベテランさん方と「お花見」だ!近くで行われている「お城祭り(桜祭り)」で、ブルーシートを敷いてのお花見。 Weblog: 日本酒大好き!クラシック音楽大好き!@WebryBlog racked: 2005-04-09 00:19
  • またまた『立春朝搾り』

    Excerpt: 今日もまた、会社の若い衆がかき集めた『立春朝搾り』が来た。 Weblog: 日本酒大好き!クラシック音楽大好き!@WebryBlog racked: 2005-04-12 23:36
  • 日本酒も奥が深いね(#42)

    Excerpt: 大吟醸の獺祭です 磨き三割九分です 前回(#31) が四割五分ですからね 吟醸と大吟醸の違いを見よ、って、あれれ 四割五分って、すでにして大吟醸SPECだったんじゃん 改めて:四割五分と三.. Weblog: Jazzと古典落語の日々@WebryBlog racked: 2005-05-28 00:29