今日のアルバムとこの一曲(#124)  with Amazon

気が向いたときに、お気に入りのアルバムとその中の一曲を書いていくつもり。

「SOUTH AMERICAN COOKIN'」 CURTIS FULLER
この一曲:ONE NOTE SAMBA

”枯葉”が入っている=買いたくなる というパターンで買ってよかった一枚
#19 「THE MAN FROM BARCELONA」 TETE MONTOLIU TRIO
#23 「Standard Album」 THE VIP TRIO
#33 「MARSALIS STANDARD TIME Vol.1」 WYNTON MARSALIS
#52 「TRIO IN PERSON」 BOBBY TIMMONS
#53 「WYNTON KELLY!」
#54 「ELOQUENCE」 OSCAR PETERSON TRIO
#55 「STAIRWAY TO THE RAINBOW」 STANLEY JORDAN
#56 「STILL LIVE」 KEITH JARRETT
#57 「CONCERT BY THE SEA」 ERROLL GARNER
#58 「Love Walked In」 Steve Kuhn Trio
#59 「EITHER WAY」 ZOOT SIMS AND AL COHN
#60 「FRANK MORGAN ON GNP」
#61 「DREAM WEAVER」 THE CHARLES LLOYD QUARTET
#62 「GREAT STANDARDS Vol.2」 GREAT JAZZ TRIO
#63 「MASQUERADE IS OVER」 TRIO SUPREME
#64 「SOMETHIN' ELSE」 CANNONBALL ADDERLEY
#65 「PORTRAIT IN JAZZ」 BILL EVANS
#66 「What's New」 Bill Evans with Jeremy Steig
#67 「Through The Years」 RAY BRYANT
#102 「MILES IN BERLIN」 MILES DAVIS
#103 「What Is This Thing Called Love?」 Richie Beirach Trio
#104 「BOSS TENORS」 Gene Ammons, Sonny Stitt
#105 「Autumn Dreams」 Charlie Mariano & Mal Waldron Trio
#106 「BLUESTRUCK」 Terumasa Hino
#107 「THE COMPLETE ROOST SESSION VOL.2」 STAN GETZ
#108 「VIRTUOSO #4」 JOE PASS
#109 「AUTUMN LEAVES」 MANHATTAN JAZZ QUINTET
#110 「the man plays requested standards」 SCOTT HAMILTON
も”枯葉”つながりでござんす
ジャズに限らず、曲名やアルバムタイトルに”アメリカ”が入っている
のって、結構多いですよね
一番最初に意識したのはサイガン(サイモンとガーファンクル)で、
ズバリ”アメリカ”という曲がありました
この一曲に取り上げた ONE NOTE SAMBA は名曲・名演と言うより
遊び心を売り物にした感じ
それより1曲目が”HELLO YOUNG LOVERS”というのが、後年の
J.J.JOHNSONさん(tb)の「BLUE TROMBONE」一曲目と同じなので
ミュージシャンならではの理由があるのかな?と、興味津々
他に”ベサメ・ムーチョ”も演奏されており、面白い一枚
次へ

サウス・アメリカン・クッキン
エピックレコードジャパン
1997-02-01
カーティス・フラー

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック