Jazzと古典落語の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 最悪の事態を免れていた山尾氏

<<   作成日時 : 2017/09/10 10:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「不貞離党」山尾志桜里はカレンダーのおかげで最悪の事態を免れていた!?

BIGLOBEニュースより

チョイと引用しますと
「彼女にとっても民進党にとっても、今回のスクープが幹事長に就任した後だったら目も当てられなかったはず。それが不幸中の幸いで、正式就任前に内定人事を撤回することができました。その理由は週刊文春が9月7日発売だったから。もし週刊文春の発売日がもっと遅かったら、山尾幹事長体制がスタートしてからの大スクープになっていたのは間違いありません」
ですって

俺ちゃん的には、どーでもいーですね

俺ちゃん的にこの問題でイメージするのは
  稲田さんと山尾さん、そっくりっ
ってコトですね

・稲田さんの元防衛大臣追及→自分は同様の問題を起こしても弁明しない

・山尾さんの不倫議員に説明要求→自分は同様の被疑に質問も受けない

違うのは
 防衛省は稲田さんに離任式を執り行ったが
 民進党は山尾さんに何もしていない感じ
ですかね

おそらく、防衛省はお金持ちで、民進党はそれほどお金持ちじゃないんだろうね
防衛省の概算要求の高額さにもビックリ! でしたから

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最悪の事態を免れていた山尾氏 Jazzと古典落語の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる