Jazzと古典落語の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 森友学園の賃料に不自然な減額

<<   作成日時 : 2017/03/05 12:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

<森友学園>賃料、不自然な減額 国側、3カ月で判断一転

BIGLOBEニュースより

要するに、
価格設定を巡る国と学園側との交渉は不可解な経緯が多く
ということですね

国は借金で大変だから国有地の価値を高めることこそ仕事のはずなのに
不可解な交渉でどんどん価値を下げたようです
ならば
国の担当者のやったことは背任行為にあたるのでは?

『政治家の政策ミスによる損失には責任を負わなくてよい』
という説明は聞いたことがありますけど
これと一緒にはならないですよね

消えた年金問題の時も
当時、舛添大臣は「悪い人は牢屋に入ってもらう」と言ったのに
結局悪い人はいなくて年金だけが消えたことになった模様

今回も悪い担当者はいなくて国庫収入だけが消えたことになるのか

自らを縛る法律を立法しないというお手盛り組織、
この組織そのものに問題があるならば
   まずは現状をぶっこわす
というテロリスト的発想に、賛同したくなっちゃうよ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「森友学園の賃料に不自然な減額」について
「森友学園の賃料に不自然な減額」について 最後にテロリスト的発想に、賛同したくなっちゃうよと書きました ...続きを見る
Jazzと古典落語の日々
2017/03/06 22:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
森友学園の賃料に不自然な減額 Jazzと古典落語の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる