Jazzと古典落語の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国を怒らせた代償に衝撃 韓国

<<   作成日時 : 2017/03/19 09:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国を怒らせた代償は大きい?人っ子一人いない韓国の空港写真に衝撃

BIGLOBEニュースより

引用しますと、
済州国際空港の出発ロビーはもぬけの殻
もひとつ
3月15日に中国が正式にTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備に対する報復を開始したところ、
この寒々しい光景が出現した
と言う事だそうです

これは、中国政府が国民をコントロールできている
と見ていいのでしょうね
記事の最後に書かれていた内容も引用してみましょう
空港だけではなく、済州市の繁華街、連洞の閑散とした写真も掲載された。連洞は2011年に中国のダイレクトセリング企業、宝健集団の報奨旅行で1万1000人もの中国人が押し寄せた。その後も中国人旅行客は途絶えることなく、「済州島の小中国」と言われてきたが、今では中国人の姿が消えてしまっていると記事は伝えている。
記事では、今までいた中国人がいなくなった光景が寒々しいと書いてますけど
俺ちゃん的には
米韓の政策で中国国民が自国政府方針に忠実な行動をとること
この徹底ぶりの方が寒々しい
そう思いました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国を怒らせた代償に衝撃 韓国 Jazzと古典落語の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる