Jazzと古典落語の日々

アクセスカウンタ

zoom RSS ビリヤードをオリンピック種目に(#9)

<<   作成日時 : 2004/06/21 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
昔嗜んだビリヤードをオサライしつつ書いていくつもり。
ビリヤードはオリンピック種目に値するスポーツだと思う。

種目:9ボール
本日の着眼点:コンビネーションショット

ショット自体はポケットビリヤード全般に共通のものですが
ここでは9ボールのルールに則って書いてみます
ご案内の通り9ボールはテーブル上の一番若い番号の的球
から当てる事を守りながら9番をポケットすれば「勝ち」です
そこで、ポケットのすぐ前に9番がいたりすると、早い時点で
9番を狙いたくなりますね
例えばブレイク後に写真のような配置が出現したら、まず
ルール通り1番に当てて、その1番が9番をポケットする、という
狙いが可能です
これがコンビネーションショット、単に「コンビ」とも言うらしい
勿論直接狙うのに比べて難易度は高いです
次へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビリヤードをオリンピック種目に(#9) Jazzと古典落語の日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる